スベンソン 特許

スベンソンが誇る増毛技術は特許を取得済みの技術

 

スベンソンが行っている、編みこみ式増毛法というのは実は特許技術だという事をご存知でしょうか?自分が開発した技術が良くても何かしら証明や認定がされていないと信じてもらえませんよね。だからといって、特許は簡単に取れるものではありません。取得には様々な条件があるんですよ。

 

その中の1つには、開発した技術に進歩性があるというこ事というのが条件として必要なんです。なので、新しい技術を開発してもそれが進歩性のない技術であれば特許は取れないんですね。まだまだ、その技術が今後成長していく見込みがなければダメだということです。

 

つまり、スベンソンが特許を取れたということはスベンソンの増毛技術に対して進歩性があるとも認められたということになりますね。特許というと会社の利益の為だと思う方がおおいですよね。でも、それと同時に第三者も認めた技術ということで利用者に安心を与えてもいるんですよ。スベンソンの特許の取得は利用者に質の良いサービスを提供したいという気持ちの表れでもあるといえるでしょう。

 

スベンソンの増毛の耐久性は特許技術だからこそなせるワザ

 

スベンソンの増毛の耐久性が利用者に高評価であるのにはそれなりの理由があります。まず、いままでのかつらでは運動や激しい動きをしたときにズレるという問題がありました。特にプール等といったところではかつらを使用していると潜ったりする事は怖くてなかなか出来なかったんですね。スベンソンの耐久性はこれらの動きに対しても強いんですよ。なので、安心して水泳だって出来ますし、何しろ動きを制限される事はありません。

 

また、従来のかつらでは洗髪時の頭皮のケアが行き届きにくい構造になってました。スベンソンの増毛技術ですと、使用時でも使用していない時と同じように洗髪が可能なんですね。これは、スベンソンの増毛に耐久性があるからこそなせる事なんです。

 

さて、このような様々な要因に対するスベンソンの強い耐久性はどうして確保できるのでしょうか?そこには、スベンソン独自の編みこみ式増毛法に答えがあります。しかも、この編みこみ式増毛法は特許取得技術です。つまり、独自でありながら他社が真似できない、スベンソンならではの耐久性を保てる理由がここにあるんですね。