編み込み式増毛法とは?

編み込み式増毛法とは?

スベンソンの編み込み式増毛法(ヘアウィービングシステム)は、3本の糸を使って自毛に編み込みながら増やしていく技術です。スベンソン独自の技術で特許も取得しています。「特許番号3686998号」国家資格を持つヘアスタイリストが手作業で編みこんで装着していきます。

 

編み込み式増毛法のステップとしては、@「編み込み」A「かがり」B「カット」C「セット」というステップを経て装着されます。ヘアウィービングシステムは1968年にドイツで生まれた技術です。この技術が1984年のスベンソン設立とともに、日本でも普及する事となりました。画期的な技術として当時から注目されています。特徴としては簡単に以下の6つが挙げられます。

 

  • 1ヶ月装着しっぱなしで大丈夫
  • ずれたり外れたりの心配がない
  • 通気性も良く蒸れにくい
  • シャンプーも通常通り可能
  • 金具を使わず自毛にも優しい
  • 整髪料やカラーリングもOK

 

スベンソンには他にもたくさんのサービスが取り揃えられています。増毛をご検討中の方は、まずは資料請求から始めてみるといいでしょう。DVDつきで分かりやすいガイドや価格表、あとは愛用者の声が沢山紹介されています。今すぐではないと言う人も、一先ず資料を取り寄せておくと良いでしょう。もちろん無料での請求となりますので安心して取り寄せが出来ますよ。